ダサ見えする?ネルシャツを攻略するコツをチェック


ネルシャツの特徴とは

ネルシャツのネルはフランス語のflannelを略した言葉で、起毛している平織りまたは綾織の生地のことです。最近は肉厚な起毛生地や薄手の起毛生地なども、フランネルと呼ばれるようになっているようです。ネルシャツといえばチェック柄が代表的ですが、チェックだけでなくグレーやネイビーなど無地カラーで作られたネルシャツも少なくありません。

サイズ感に注意しよう

起毛していて厚みのあるネルシャツ、防寒性をアップしたい冬のアイテムとして取り入れたいところです。ただ、ネルシャツは少しダサいというマイナスイメージを持つ方も多いようです。ネルシャツがダサく見えないコツとしては、サイズ感に注意して選ぶという点が挙げられます。ゆったりサイズだとパジャマ感が出てしまい、あまりオシャレには見えません。ジャストサイズか少しタイトな物を選ぶと良いでしょう。近年、オーバーサイズが流行しているのでネルシャツも大きめが着たいという場合は、鮮やかすぎないカラーのものをおすすめします。ベージュやホワイト系など明るめカラーなら、重くなりすぎないのでおすすめです。

柄の大きさにも注目してみよう

無地のネルシャツもありますが、やっぱりネルシャツといえばチェック柄です。チェックアイテムはコーディネートのワンポイントになるので、上手く使うと一気にオシャレに見えます。ただ、やはり選び方を間違えてしまうとチェックという柄が持つパジャマ感によって、ダサ見えしてしまうので注意が必要です。チェック柄を選ぶ時は柄が小さいものを選ぶと良いでしょう。

agaを京都で治したい人が利用するのが、薄毛治療の専門クリニックです。専門施設ならではの豊富な診療メニューを扱い、各自の症状や希望に合わせ最適な治療を受けられます。